第一話:私の席の前の人

 私は小山ハル。自分で言うのもなんだけど、渦巻きメガネのあんまりパッとしない女の子です。今日、初めて男の子にデートに誘われました。その時のこと、今日は話したいと思います。

いつものようにワイワイガヤガヤと、休憩時間が流れて行く。あと一限で、今日も終わる。

キーンコーンカーンコーン。
と、珍しくも無いどこの学校でも鳴るようなチャイムが10回鳴って、なんとなく、耳がおかしくなった頃、

「授業始めるぞ〜」と担任の先生がプリントを配り始め、授業が始まった。

「はい、ハルちゃん、プリント」
私の席の前の人がプリントを回す。

「あ、ありがとう」
私は慌てて受け取り、すぐ後ろへとプリントを回した。一番最後の席まで回るにはあと何時間も掛かる。早く回さないと明日まで掛かってしまいそうである。
そして、プリントを渡し終えた私は机に肘を付いて、ボーッと前を見ていた。

前の席には、工藤有里君。

彼は学校内のアイドルで、ずっと私に縁の無い存在の人だと思ってた。
だって、私は分厚い渦巻きメガネの冴えない女の子。哀しいかなレンズが厚くて目が渦巻きにしか見えない。型や彼はハーフで、透き通るような済んだ青い目と、サラサラの金髪が印象的なナーイスガーイ!! (←この言い方って……)
私と並んだって、釣り合いが取れるはずもないし、彼はいつも沢山の人に囲まれてるから、住む世界が違うってわかってる。だから、別に意識してなかったんだ。
たまに、後ろを向いて、わからないことを訊いて来る。会話はそれだけ。何の感情もない。私も別に何とも思ってないし。

「ハールちゃん」

「あら工藤君どうしたの? 今授業中だよ?」
彼が振り向いて、声を掛けてくると私は決まってこう言ってた。彼は人懐っこいのか、私を名前で呼ぶ。まぁ、構わないけど……。

「ね、ハルちゃん映画、観に行かない?」
手に映画のチケットらしき紙を二枚ピラピラさせて、右目を閉じて、ウインクをしながらにっこりと笑った。

「え……?」
私は耳を疑った。

『こら、工藤ー前向けー』と先生の声も聞こえる。

「映画、行こ! チケット2枚あるんだ」

「はぁ?」
一瞬工藤君が何を言ってるのかわからなくて、私は大口を開けて聞き返した。

『こらー小山もしゃべんなーっ』先生の声がさっきより近くで聞こえる。

「え・い・が」
工藤君の声が、ハッキリ聞き取れると、

「ちょ、私と―――!?」
と思わず声が大きくなり、そして、驚いた私は席を立ってしまった。

「うん♪」

「おのれら〜」

「ハルちゃん危ない!」
先生の声がすぐ近くに聞こえると、
ドンッと工藤君は私の背を押した。

「あっ工藤君! ああっ!!」
私はよろめいたが転げずに済み、何事かと工藤君を見ていた。
すると、

ゴッゴッ

     

先生の拳が工藤君の頭を直撃……途端に大きなたんこぶが。彼は私を庇ってくれたようだった。なんて痛そうな……そんなことを思う時間もなく、

『廊下に立っとれや!!』
先生は怒りの鉄拳の後、すぐに、私と工藤君を教室からつまみ出した。

ピシャッ

勢いよくドアが閉まる。よく見ると、ドアにヒビが……。先生が壊したら先生は弁償するのだろうか……などと考えている場合じゃなかった。

「だ、大丈夫……?」
目の前に拳大のたんこぶを二つこさえた学校のアイドルが居る。

「うん」

「私を庇って……コブが二つも……イイ男が台無し……」
だぁあああああと、涙が滝のようにものすごい速さで流れた。途中小さな鯉が涙の滝を登ってたような気もする。滝でも登って龍になるつもりなのか、そうはさせないとばかりに一気に大量に涙を放出。

「大丈夫だよ、これくらい。それより……」

「え……」
はぁ。涙を流し過ぎてちょっと脱水症状が出てきたかも…。などと右手を額に当ててため息をついて考えていたら、

「ね、ハルちゃん映画……行こ?」
ガッと私の手を掴んでまたも、言うの。この人は。さっきのは聞き間違いじゃなかったようだけど……。

「本気で言ってんの!? こんなメガネっ娘と!?」
手ぇ〜はなして〜……と心の中で叫んでた。工藤君の手は大きくて、力強くて振り解けなかった。その手でさっき庇ってくれたし、映画に誘ってくれたし、工藤君はやさしいと思いました。私の手を掴む手もなんだか温かいような?

「うん
彼のことは特別……意識はしてなかったのに……。

「何で!?」

「ハルちゃんが好きだからでしょ?
と彼がにっこりと微笑む。

「は?」
私は一瞬何がなんだかわからなくて…聞き返してばかり。

         

………………

…………

……

頬が段々熱くなってくのがわかった。私はしばらく沈黙した後、

「冗談やめてよっ!!」
私は一際大きな声でそう台詞を吐き、その場から走り去ろうとする。

「映画土曜だからー あれーどこ行くのー?」
にこにこと工藤君が私の後をつけようとする。

「帰る!!」

ガラッと教室の廊下側の窓が開いて、

『コラァー!! まだ授業中やんけーっ!!』

先生の野太い怒りの声も届かないまま、私はスタスタと玄関へ向かった。

「えーじゃ俺もー
工藤君も私の後について玄関へと降りる。

私は工藤君と帰るなんてことは恥ずかしいので、工藤君を撒いてさっさと家に帰ってしまいました。

そういや荷物……どうしよう。体操服、洗わないとダメだったような気がする……。

………………

…………

……

工藤君……ねぇ……。

その日から、私は工藤君のことを少し意識し始めました。

………………

…………

……

どうしようかな……映画。

<<<Back] [スペースカプセル☆] [Novel&Comic] [↑Pagetop