−水遊び−

レグランス国王である兄に頼まれ、特使としてレイゼフートへ行って、
やっと、
ファンランへ戻って来た。
天使のウィニエルもずっと一緒についててくれたみたいで、道中何事も無く無事に帰ることができた。

宰相はいけすかない奴で、あの魔女も何だか嫌な感じがする。
皇帝は可哀想な方だ。

とりあえず、謁見は済ませたわけで、気になることはあるけど俺が出来るのはとりあえずはここまでだ。

兄さんに報告も終えたし、ウィニエルも今は居ない。
久しぶりに王都に帰って来たんだ。

ウィニエルから依頼が来ない内に、

セネカに会いに行こう。

セネカは俺の幼馴染み。俺の言葉が理解出来る賢い象だ。
小さい頃からよく遊んでた。

「セネカ!」
俺は噴水の前でセネカの名を呼んだ。
「パオオオオオッ!!」
セネカは元気良くに俺に返事をする。
「よし、セネカ、水浴びでもするか!」
俺は上着を脱いで、噴水の水を両手で乱暴に掬って、セネカに水を掛けてやった。
「パオオオオオーン!!」
セネカは目を細めて喜んで、自分の鼻を噴水の水へと浸け吸い込む。
「ん……? な、なん……」
「パオオオッ!!」
俺が言い終える前に、セネカは大量の水を俺の頭上から降らした。水が勢い良く落ちていく滝の音が耳に響く。髪がそれに習って前倒しになり、視界が塞がれ自然と俺は俯く。
「うわっ冷たっ!!やったなぁ!!」
俺はセネカの攻撃でびしょ濡れになった前髪を両手で拭って顔を上げた。
「……ん? あ、ウィニエル!」
顔を上げると、俺の目の前に天使がいる。
「こんにちは、ルディ。楽しそうですね」
天使ウィニエルは穏やかに微笑みながら地に足を着けて俺とセネカを見ていた。
「いつから居たんだ?」
俺は彼女に訊ねる。
「今来た所です。その象さんは……?」
ウィニエルはセネカを見上げて首を少し傾げた。

俺はセネカを彼女に紹介してやった。

「幼馴染みなんだ」
俺はセネカの傍らに立って、セネカの小さい瞳と目を合わせる。
「セネカさんというのですか……可愛いですね」
ウィニエルはそう告げると純白の翼を少し羽ばたかせて、セネカの鼻筋を撫でた。
「あ……危な……」
ウィニエルの行動に俺は自分の手を宙へと泳がせる。

セネカは俺以外には懐いていないから下手に触ろうとすれば危険なのに。

「はい? どうかしましたか?」
ウィニエルは俺に振り返り、セネカの鼻筋を撫で続けている。
「…………あ、いや……」
俺は言葉を飲み込んだ。

セネカが目を細めて、気持ち良さそうにしている。
俺以外の誰かに鼻筋を触られるのを嫌がるあのセネカが。

「……君は不思議だな……」
俺はぽつりと呟いていた。
「……可愛い……」
彼女には聞えていないようで、夢中でセネカに微笑みかけている。
セネカもウィニエルを知りたがっているのか鼻先で彼女の足の先から頭の天辺まで触れるか触れないかくらいの距離感で、匂いを嗅いでいた。


「……さ、セネカほめてもらったお礼にウィニエルも涼しくしてやれよ!」
俺はセネカの目を見て告げた。
「えっ!?」
ウィニエルは一瞬身体を竦め、セネカから離れ、地上に降りた。
「パォパォパオオオオッ!!」
セネカは俺の声を聞いてすぐに噴水から水を吸い込み、ウィニエルににじり寄る。
「いや……あの……ま、待って下さい」
ウィニエルは迫り来るセネカに翼を使うことも忘れ、一歩後ずさった。
「ほら、セネカ!!」

パオオオオオオン!!

セネカはすごく楽しそうに吸い込んだ水をウィニエル目掛けて放出した。

「きゃぁああああっ!!」
ウィニエルの悲鳴が聞える。頭上から注がれる勢いのある滝に、両手で自らの腕を掴みその場に身を屈め、蹲っていた。
「どう? 少しは涼しくなっただろ?」
俺は彼女に近づいて、俯くウィニエルの頭上から声を掛ける。
「………………」
ウィニエルからの返事は無かった。
「ウィニエル?」
俺はしゃがんで、彼女の顔を覗きこむ。
「………………」
彼女は放心状態で目を丸くして俺とは目を合わさずに何度も瞬きをしている。
「ウィニエル……? ……あっ……」
彼女の名を呼んで俺はあることに気が付いた。
「……っ……ご、ごめん……」
俺はそのままの体勢で彼女に謝罪する。

彼女の肌と服が水に濡れて、密着している。
ウィニエルの薄い水色の服が透けて下の白い肌がほんのりと赤らんでいくのがわかった。

「………………」
俺はそれを目を逸らすことが出来ずにただ黙って見ていた。
「…………ルディー……!!」
俺の視線にウィニエルはようやく正気を取り戻して、俺を睨みつけた。
「………………」
けれど、今度は俺が放心状態で彼女の両肩を掴む。
「なっ……何ですか!?」
彼女の顔が赤く染まってゆく。
「………………」
肩を掴んだはいいけど、俺は彼女から目を放せなくて。
「………………」
彼女も俺に釣られて無言になってしまった。

互いに目だけ逸らせないで、見つめ合っている。
こんな風に見つめ合うのは何だか変な感じだ。

疚しい気持ちがないわけじゃないけど、

ただ、
俺は、彼女が綺麗だなと思ったんだ。

水に濡れたしなやかな飴色の髪と純白の翼は、雫に反射して艶やかだ。
その髪から落ちる雫が彼女の頬を、首を、鎖骨を伝って、充分に濡れた上着に沁みていく。
唇は潤いを帯びて少し開き、何か言いたそうなのに言葉は発せられない。
そして、彼女のエメラルドの瞳の中に俺だけを映している。

その光景があまりにも眩しくて、俺は何も言えなかった。
ずっと見ていたくて、微動だにせずに彼女の肩を掴んだままだった。

……しばしの沈黙。

俺と彼女は動けない。

けど、そう思ってたのは俺だけだったみたいで。
「……は……放して下さい……」
彼女の艶やかな唇がゆっくりと動いた。清流のせせらぎのような彼女の声はいつ聞いても耳に心地良い。
「……あ……ご、ごめん……」
俺はとりあえず座ったままだと悪いと思い、彼女を立たせようと腕に力を込め、彼女を立たせようとする。
「や、やめて下さいっ!」
「え?」
彼女は目を固く瞑って両腕を解き、俯きながら俺の胸にその腕を突っ張った。
俺はそこで、彼女の見てはいけないものをまともに見てしまう。

「うわっ!! ご、ごめんっ!!」
俺は咄嗟に手を放してしまった。
「………………」
俺から離れると彼女は無言で再び両腕で自分を包むようにして俯きながら地面にへたり込んだ。
「ウィニエル……ごめん! 俺、こんなつもりじゃなかったんだっ!!」
刹那俺は彼女の前に跪いて、頭を下げる。
「……顔……上げて下さい。私は大丈夫です。こんなことで謝らないで下さい……」
俺と目を合わさないウィニエルの声が微かに聞える。

雫はまだ乾かず、彼女の長い髪と翼を伝って一滴一滴地面に黒く染み渡っていた。

彼女はいつでも怒らない。
いつでも優しくて、しなやかで、落ち着いた女性で、生真面目だ。
多少ドジなところもあるけど、俺はそんな彼女をいつでも見ていたくて。

そう、今も、ずっと見ていたい。なんて。

俺は静かに顔を上げた。
「………………」
彼女も顔を上げて、俺の方を見ている。
その表情は初めて見るものだった。
少し訝しげに今にも泣き出しそうな、けれど頬が僅かに膨らんでいるような。
今までこんな顔、見たこと無かった。

彼女はいつでも柔和に微笑んで、いつでも同じ顔。
切なそうにしていても、その表情は僅かにしか変わらない。
何を考えているのかさっぱり読めない。

いつも優しく微笑んでいる綺麗な人形。

そう、
人形みたいな、
けれど、その瞳の意思は強くて、俺はその瞳を見ると彼女に従いたくなってしまう。
それが天使の資質なのか、女性としての魅力なのかはわからないけれど、俺は彼女のそれ以上を知りたいと思い始めていて。

だから、この顔が見れて嬉しい。

多分、怒っているんだと思う。

彼女が女性であるということを忘れて、安易に水を掛けた俺を怒ってる。

「本当にごめんなさいっ!!」
俺はもう一度頭を地面に付けてお辞儀をして、顔を上げた。
本当は嬉しいんだけど、したことには謝罪しなければならなくて。
「……も、もういいですよ……べ、別に怒ってはいませんから……」
俺の心を読んだかのようにウィニエルは頬を膨らましながら告げる。
「お、怒ってるじゃんか……」
俺の声が上擦る。

ウィニエル、君の怒ったその顔が可愛いなんて言ったら、
次に君はどんな表情をするんだろう?

ただの好奇心だけど、見て見たい気がする。
ああ、でも、君を困らせるのは少し可哀想な気もするな。

「怒ってなんていませんよ……?」
俺の言葉にウィニエルは首を横に振って俯いてしまう。
「本当に怒ってないのか……?」
俺は俯いてしまった彼女を覗き込む。
「怒ってませんよ」
覗き込んだ彼女の表情は変わらず、頬だけが少し赤らんだ。
「じゃ、どうして顔上げてくれないんだよ?」
彼女の思考が読めず、俺は無神経にも俯いた彼女と目を合わせる。
「……それは……」
ウィニエルは困惑した顔をしていた。
「……それは……?」
俺が彼女に訊ねようとした一瞬。

「パオオオオオンッ!!」
セネカの声が聞えた気がした。

「きゃあっ!!」
ウィニエルの声も聞える。
「うわっ!?」
そして、俺も声を上げてしまう。

セネカが俺とウィニエルに無視されていると思ったのか、俺達の頭上に再び大量の水を浴びせてきたのだった。俺達は頭ごと水に押されて互いにお辞儀をし合っていた。
ウィニエルの髪が、翼が再び大量の水で潤う。
「………………」
ウィニエルは無言で頭を重そうに上げて後れ毛を耳に掛けた。未だお辞儀をしたままの俺には今の彼女の表情は読めない。
「………………」
俺も無言のまま頭を勢い良く振り上げ、顔を上げた。すると、乱れた髪の彼女が俺の視界に入ってくる。
「あ……」
俺は水に濡れた彼女に再び目を奪われてしまう。
「……ふふっ……また掛けられてしまいましたね……」
さっきまで頬を膨らましていた彼女が今度は俺を見て微笑んでいた。

その顔といったら。

身体についた透明な雫が日の光に反射した、その彼女といったら。

雫を纏ったその唇の輝きといったら。

「……ウィニエル……」
俺は盲目に彼女の唇を見つめていた。
「はい?」
ウィニエルの潤いを帯びた唇が静かに動く。
それはあまりに妖艶で美しくて。
「………………」
俺は言葉を失って彼女の肩を知らず知らずのうちに掴み、彼女の薄く開いた唇に吸い寄せられるように顔を近づけていた。

誘われている気がしたんだ。

俺の唇と彼女の唇が触れ合うまで、あと少し。

「……あ……あの……ルディ……?」
刹那、彼女の声が俺の耳に飛び込んで来る。
「!?」
俺は慌てて彼女から身を引いて、立ち上がった。
「ご、ごめんっ!!」
俺は彼女に背を向けてしまう。

今、何しようとしてた?
俺、今彼女に何しようとしてた?

「……っ……」
俺は俯き右手に拳を握って、その手の甲に自らの唇を強く押し当てた。

さっきから俺は何をやってるんだ!?
これじゃ彼女に嫌われてしまうかもしれないじゃないか。

彼女に嫌われたくない。
天使の勇者だっていうのにその天使に嫌われたらこの先どうすんだよ!?

……いや、違う、
天使とか勇者とか関係なく、彼女に嫌われたくない気がする。

どうしてかはわからない。

「ルディ……?」
ウィニエルは立ち上がって、その表情は読み取れないけれど、俺のすぐ後ろに立っていた。俺は自分があまりに情けなくて逃げ出したくなった。

でも、足が動かなくて。

「……ルディ……これではしばらく飛べません……乾くまでここに居ていいでしょうか?」
彼女の声が聞えて、俺の背に濡れた髪と手の感触伝わってくる。彼女の額と両手が俺の背にぴたりとくっ付いているようだった。
「え…………?」
俺はその触れられ慣れていない感触に振り返ろうと首だけ後ろに回そうとする。
「……こっち……向かないで下さい……」
彼女の声で俺の濡れた背中に仄かに温かい風が当たる。
少し、くすぐったい。
「な……何で……?」
俺はウィニエルの言葉に途中まで回した首を元に戻し、何となく空を見上げた。

「…………恥ずかしいから……。さっきも……恥ずかしかったんです……ルディったら……ずっと私の方を見ていたでしょう? …………」
ウィニエルの声は小さかった。でも、一言一句零すことなく、俺には届いている。
「えっ!? あ……俺そんなつもりじゃ……」
俺の頬が少し熱くなった気がした。

彼女の声はいつでも耳に心地よくて。
けど、彼女がそんなことを思ってたなんて気が付かなかった。

疚しい気持ちが全く無かったとは言えない。
ただ、ウィニエル、何故か君に目を奪われてしまったんだ。

水に濡れた君はとても綺麗だ。
怒った君も可愛くて。
もっと色んな君を見たいなと思ったんだ。ただの、好奇心。
日に日に膨らんでく好奇心。

「……ごめん……」
俺は俯いて彼女に謝罪した。
「……ふふっ……ルディったら……謝ってばかりですね……」
彼女の身体が俺に密着する。
彼女の柔らかいあの膨らみが濡れたシャツ越しに背に触れている。触れているなんてものじゃない。風が通る隙もない程だ。
「え……ウ、ウィニエル?」

俺の心臓は早鐘を打っていた。

だって、急すぎて。
そりゃ、彼女は俺より全然大人で余裕なのかもしれないけど、俺はこういうのに慣れてなくて。
けど、ウィニエルもそういうことには疎かったはず?

なんて、
なんて、

俺の頭はどうかしてるんだ。
今日はおかしい。
長旅の疲れで頭まで疲労してるんだ。

彼女に触れたいと思ってしまうなんて。どうかしてる。
ああ、いや……どうしたいとかじゃなくて。
どうかしてる。
俺は今日おかしいんだ。

「ウィニエル……?」
俺は恐る恐る首を後ろに回した。
「……あっ……ちょ、ちょっとセネカさん押さないでっ!!」
「え……?」
俺の目にセネカの鼻に押されて苦しそうにしている彼女が映る。セネカは押し競饅頭でもするように彼女を俺の背に押し付けていた。

「セネカ!!」

俺はセネカを一喝した。
その後、セネカは彼女の背から鼻を退けて、拗ねたように噴水で1人水浴びを始める。

パォオオオ……。

セネカが不服そうに文句を言っている。
「……ルディ……私、帰りますね」
ウィニエルは1人淋しそうに水浴びをしているセネカを見て告げた。
「え……? 翼は大丈夫なのか?」
彼女の翼はまだ濡れていて、熱い日中でもまだ生乾きの状態だった。
「歩いて乾かしますから大丈夫です。ルディはセネカさんと一緒に遊んであげて下さい」
ウィニエルは軽く頭を下げて、歩いて行く。
翼を広げて、少しでも日に当てようとしているのがわかる。
いつもは翼を広げて飛んで行くのに、何だか不思議な光景だった。
「気をつけて帰るんだぞ!」
俺がそう告げると、彼女は振り向かずに翼を二度羽ばたかせた。
羽ばたいた羽根から水の雫が零れ、光に反射して輝く。

綺麗な、ウィニエルの翼。

俺はこの翼をずっと見ていたいと思っていた。

「……なぁ、セネカ……俺さ……」
俺はセネカの鼻を撫でながら告げる。

俺今日やっぱどうかしてるよな。

「パオオオオンッ!!」
セネカはウィニエルが去ったことに今気付いたようで、彼女に別れを告げるように一際大きく鳴いた。

『また遊ぼうね』そんな風に聞えた。セネカはウィニエルのことを気に入ったらしい。ただ、さっきは俺と彼女に無視されてちょっと淋しかっただけなんだろう。

そして、その後すぐに鼻息を大きく俺に吹きかける。息に交じって水が少しまた俺に掛かった。
「冷てっ!?」

「パオオオオン!!」
セネカはもう一声鳴いた。

『礼は?』だって。

セネカが目を細めて横目に俺を見る。
「な、何の……あ……。……そ、そうだな、お前に感謝しなくちゃな……ったく……参ったな……」
俺はウィニエルの水に濡れた姿と彼女の感触を不謹慎にも思い出し、少し恥ずかしくなって手で目を覆った。その時口の両端が少し無意識の内に上がっていたのは俺が変態だからとかそういうんじゃない。

彼女があまりに魅力的だったってだけのことで。

「……まだ、ドキドキしてるよ俺」
俺は噴水の縁に腰掛けて心臓に手を当てた。
どくん、どくん、と早く強く脈を打っている。

それはどんどん大きくなってゆく。
脈打つ度に熱く痺れる。

何だろう、これ?

もう今日、彼女は帰ってしまったけど。
明日も明後日も、その次の日も、

彼女に会いたい。


そしたら、この心臓の高鳴りが何かわかるような気がするんだ。


ウィニエル、君も俺と同じならいいな。



<<<戻る

*後書き*

アリガチネタ(笑)でも書いてみたくて書いてしまいました。
うちのウィニエルとルディは姉と弟って感じです。
しかも純粋な関係ではなく不純な(爆)

ルディはまだウィニエルのことを好きと自覚してません。
現時点では信頼し合ってる良好な状態。
これから崩れていくかと(嘘)

ゲームだとルディは「俺」を「おれ」と言ってるんですが、「俺」の方が格好いいのでこっち使ってます。
ついでに、セネカの鳴き声がパオオオオンではなかったと思うんですが、パオオオオンの方が可愛いので(爆)

読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m